各裁判所支部競売物件閲覧 B I T     
各競売支部競売物件の閲覧はこちらから 競売物件とは.....  入札制で入札価格は成り上がりではなく、価格を決め1回のみで最高価(一番高い金額)を記入した者が落札をするもので入札した価格が同じ金額ではでない限り一番の価格を提示した人が買受人になる制度の事を云います。
近年は価格の高騰もありますが、入札買受人の殆どは不動産業者(弊社も含め)であり、落札した物件の再販で利益を得てます。
一般居住用購入者は不動産業者の利益を外した金額で購入できるので安価でもあり、収益目的での購入でも業者と同じ様な利益を得る事が可能であります。
 
 
 
競売期間入札物件の一例         
裁判所支部名 大阪地裁堺支部     大阪地裁岸和田支部   大阪地裁岸和田支部   大阪地方裁判所堺支部  
事件番号 平成30年(ケ)242号    平成30年(ケ)166   平成30年(ケ)155    平成30年(ケ)273 
 入札期間 令和1年6月5日〜令和1年6月13日    令和1年5月17日〜令和元年5月24日迄   令和1年5月17日〜令和元年5月24日迄   令和1年6月5日〜令和1年6月13日
 売却基準価額・買受申出保証額  1055万円・211万円   1658万円・331.6万円    611万円・122.2万円    959万円・192万円  
物件画像          
物件概要 地番:堺市南区新檜尾台二丁
グレースランドマーク堺・新泉北
占有面積:85.69㎡(壁芯)間取:4LDK
占有・動産類:有・有
  地番:大阪府貝塚市東山1丁目
地積:216.02㎡(65.34坪)
延床面積:154.66㎡ 間取:3LDK
占有・動産類:有・有
  地番:大阪府和泉市和気町2丁目
朝日プラザシティー・サザンパーク
占有面積:71.90㎡(壁芯) 間取:4LDK
占有・動産類:有・有 所在階数9階
 
  地番:堺市西区津久野町一丁
ディークラディア津久野駅前アクアガーデン
占有面積:72.26㎡壁芯 間取:3LDK
占有・動産類:有・有
  
 コメント 泉北高速鉄道光明池駅に一番近いマンション
です。弊社も過去落札し所有していましたが
住環境・階数11階と良い物件、最近高値
転売向きの物件、貝塚市でも東山地区は人気エリアの物件 学校区や交通のアクセスが良いのが理由でしょうか?   転売向き物件・和気町サザンパークシティーは
値にばらつきが有 駅も遠くはないのですが・・
賃貸系占有等混在しているのが比較の原因
  JR津久野近隣のマンションです。高層階の
角部屋です。過去入札経験ございますが高値
でした。転売向き物件です。
 評  価 ★★★★★     ★★★★☆   ★★★☆☆     ★★★★★
競売期間入札の概要      
配布された案内チラシ
特選住宅情報チラシ

①:買受可能価額 6,904,000円より
裁判所の評価人が建物、土地の評価額を決め、評価額の修正後に決まる「売却基準価額」の80%の価格が買受可能価額になります。
この価格は、入札において最低この金額からの入札を決める指数であり落札できる金額ではありません  

②:お問合せ番号
お問合せの際に市町村の名前とこの番号を仰って頂けるとスムーズに対応できますのでお手数ですがお申し付け下さい。

③:締切日
入札期間が裁判所には設けられています。現金での一括購入の場合はこの締め切り日時で問題ございませんが、住宅ローン等のご相談の場合はお早めにお問合せ下さい。

④⑤:地積・延床面積

⑥:入札物件の概要等が記されています。
住居表示・用途地域・建蔽容積率・構造・全面道路及び道路判定・設備・間取・築年数等
入札の流れ 

入札の手順について
左記チラシ③で記されている通り入札には期限が設けられています。
その期限内に裁判所へ保証価を預託して頂く事が入札参加の条件になります。
保証価とは、裁判所が査定提示した売却基準価額の約2割の金額を納付
1000万円が仮に売却基準価とすると200万円になります。 尚、入札後に落札した金額に足される物になりますので1000万円で落札すると残りは800万円が残金となり、落札出来なかった場合、開札約1週間後に指定された銀行口座に払い戻しになります。
次に必要なものは住民票1通が入札時に必要となります。
後は期日の1週間後に開札となり結果を待つことになります。

・必要書類
・住民票1通(法人の場合は代表者事項証明)
・保証価納付書控え
・裁判所入札書類一式
 落札後の流れ

無事落札後の流れは物件の中身次第で違いは多少ありますが
裁判所での手続きを弊社が終え数日後には残金納付手続きの流れとなります。
所有権移転の手続きは裁判所の自動登記になり指定された期日に残金の納付と登録免許税の支払通知がご自宅に郵送されてきます。
後日に不動産取得税の納付も必要になります。
・占有者(主債務者・関係者)が居る場合は基本交渉にて明渡の期日を決定します。
・動産類(家財道具や車等)の撤去の場合も手続きに従って撤去していきます。
また交渉が難航する場合は裁判所の手続きをとり強制執行の有無も視野に入れなければなりませんので予め担当者より流れの概要をご確認頂く事が大事になります。

・必要書類
・住民票1通(法人の場合は代表者事項証明)
・登記簿謄本
・評価証明書

 QA      
Q・購入金額はどうやって決めるのですか?
A:金額は競り上がり方式ではなく、予め入札用紙に金額を書き込み1回で基本決定します。また同順位(同じ金額での入札)を防ぐために端数等を金額に入れます。
稀に同じ金額の場合は開札に立ち会ってた場合再入札に成ります
例えば入札者がその場に居ない場合は同順位であった者が1円付け加えれば落札になりますので開札は現認する事をお勧めします。
また競売入札で一番難しいとされるのは入札金額の価格を決める事でもあります。
Q・住まわれている人が立ち退かないのでは?
A・占有者(住んでいる人)は内容にもよりますが基本明渡交渉にて立ち退いて頂きます。尚、賃借権による明渡の猶予等時間がかかる場合や締結時期によって立ち退き不可で対抗力のある場合もございます。通常の場合は交渉にて明渡を進めて行きますが、そうでない場合は強制執行等の順序段階を踏んでいく事も有ります。
Q・想定外のお金を請求されたと聞いた事もあるのですが大丈夫ですか?
A・一部の業者が必要以上に知識の無い方の足元をすくうとか聞いた事はあります。 基本不動産を購入する時にかかる費用 物件代金(入札費用+裁判所への保証価額込)・登録免許税・不動産取得税・占有者が居る場合には明渡費用が概ねの必要額です。マンション等の場合、滞納額・遅延損害金その他管理組合が定めた月額費用、場合によっては稀に弁護士費用が必要となります。しかしその金額は入札価格に反映されるので、たとえ高額でもあっても心配する必要はないでしょう。